五月のまとめ

家事ってそれなりに時間のかかる大変な作業だ。「家事手伝い」が欲しいと思った。

掃除機や洗濯機はそういった位置づけにあるものなのだろうが、やはり限界があるのでは。メイドロボット、メイドロイドの登場までの隙間を埋める商材、サービスはないだろうか。既存のダスキンやなんかとは違う形で、しかも格安で。

*****

5月はあっという間だった。

ゴールデンウィークは飛騨高山の友人宅で過ごした。毎年、到着してから帰るまでずっと飲みっぱなしなのだが、例年よりも酒量が減ったように思う。みんな歳をとって弱くなったのか。

10日、荻窪のベルベットサンでSHINDOのライブを観ようと出かけた。ライブの前に軽く蕎麦屋で一杯やろうと目星をつけて行ったのだが、店が休み。仕方がないので、北口の鳥もとで立ち飲み。河岸を変えようと南口に移動してぶらぶら。外に向けて置いてある日本酒の銘柄がなかなか好もしい店があったので入店。ここで晩酌セット1,000円で〆てライブに行けばちょうどよいだろうと。

ところが、その店に続けて入ってきたお客さんたちが面白く、話に花が咲いてしまい、しまいには来月またここで会いましょうと店を貸し切る予約までする始末。気がつけばいい時刻になっていた。あわててベルベットサンに行くもすでにSHINDOの出番は終了。苦笑いするSHINDOに申し訳なく思うも、酒の前頭葉におよぼす深遠な効果故に許してもらう他ないのであった。

14日、クライアントと17時に神楽坂で待ち合わせ飲み始めた。一軒目は蕎麦屋。目の前で揚げてくれる天ぷらをつまみにお酒をいただく。気の利いた酒があったので調子よく、二人で一升ほど。二軒目はバーでビール、リキュールを二杯、バーボンロックを二杯。スピーカーが大変よいものらしく、音がいいつまみになる店だった。ジャンルはソウル・ファンク系か。三件目は二階にあってこの季節バルコニーが気持ちの良いバー。バーボンを一杯やってから赤ワインを二人で一本。この辺でだいぶ支離滅裂になってきたので解散。タクシーにて帰還。

15日、昨日の酒が終日残ったまま。三軒茶屋GFMでFishing with Johnの企画「ジョンの往復書簡vol.5]」中村好伸 / trico! / fishing with john / 浅野達彦グループ

どの出演者も面白く、バランスのとれたいい企画だった。全体的にキレイに額縁に収まった感じかな。こういうのも悪くない。昨日の鯨飲効果か終始楽しくて仕方がなかった。

17日、世田谷パブリックシアターにて「JUNRAY DANCE CHANG アオイロ劇場 」。タップダンスとタブラの絡みは思わず声が出るほどよかった。「せ・な・か」という曲もよかった。康本雅子さんの踊りも、特に指先が。美音子先生はちんどん屋めいた衣装でバレエを踊ってくれて楽しい。

終演後そのまま近くで飲み会。数時間後、かみさんが酔ってテーブルにつっぷして寝たので終了のお知らせ。まだ早い時刻にも関わらずタクシーにて帰還。

18日、西新宿の居酒屋で宴。業界の行く末について不安になるような話しも出てドキリ。おもわず酒をグビリ。

21日、博品館劇場にて柳家喜多八。爆笑噺「百川」が聴けて嬉しい。終演後は予約していたお店で宴会。飲みたくなる噺が多かっただけに美味さもひとしお。

22日、本橋松二の写真展「FIVE ELEMENTS」オープニングパーティーに出かける。テーマは五大。テーマに合わせて女性Mさんの創った美味しく美しい料理が並ぶ。引き続きギャラリー近くの居酒屋「やまと」で宴会。いかにも浅草橋といった感じのお店で巨大なレモンサワーを飲む。ギャラリーですでにたらふく食べていたので、最初は元気がいまいちだったのだが、サワーのパワーでおおいに盛り上がった、ような記憶。

25日、ポレポレで映画「沈黙を破る」。今年観た映画でベスト。パレスチナ問題について理解が深まる。テレビや新聞やインターネットじゃわからない。ドキュメンタリー映画の持つ力に感じ入った。この映画を観る前後で人生が変わるかも。130分は長いかもしれないが、カットのしようがないな。編集もお見事。土井敏邦さんってすごいな。みんな観に行ってください。

28日、打合せで面白いものを観せてもらった。映像業界の未来の一案。

カテゴリー: 雑記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">