断酒、断食

断酒アンド断食してみた。
ま、断食ってのはウソかな。ちょっとは口にしてるし。でも食事らしい食事を断ってみたよ。

————————-

・月曜日 昼:四谷しんみち通りの政吉で冷やしたぬき蕎麦大盛(←これが最後の食事)、コーヒー

 月曜日 夕:なし

・火曜日 昼:午後の紅茶(ミルクティー)、缶コーヒー

 火曜日 夕:なし

・水曜日 昼:ジャスミン茶、コーヒー

 水曜日 夕:ポテチ(うす塩)、水

・木曜日 昼:飛騨高山みやげのさるぼぼ饅頭×1、チョコレート二片、京都土産のお菓子×2、コーヒー

 木曜日 夕:ドリトス、ポテチ(BBQ味)、ペプシ500(←ジャンク!翌朝胸焼けした)

・金曜日 昼:水、コーヒー、エビオス

 金曜日 夕:ドミノピザ(クアトログルメ・Mサイズ)を半分、三矢サイダー(←久しぶりの食事)

————————-

金曜日の夕もさして空腹感はなかったんだけど、かみさんが「明日いきなりたくさん食べると全部身体につくよ」と言うので、それはいやだな、とリハビリ的にピザを半分。全然リハビリ的じゃない気もすっけど。

そんでもって酒は一滴も飲んでいない。ビールも。一切のアルコールを断ってみた。個人的な記録だな、このン十年で。

さて、肉体的、精神的な変化は如何に。

寝起き、目覚めがすっきり。体重が二キロ落ちていい感じ。身体が軽く、筋トレしよっかな、って気持ちになる。駅の階段が軽々上れる。さっき計ったら体重が三キロ、体脂肪が2%ほど落ちてた。

酒が抜けたせいか、視界が広くなったかんじ。覚醒感。現実感。被膜が一枚はがれたような感じ。これがオモシロイ。下戸の人は常にこんな世界にいるのだろうか。上戸、つーかアル中は飲むのを止めるだけで、こんな意識の変化を楽しめるのだからお値打ちだわ。

子供の頃は食事に対して美味しいものが食べたいとか、たくさん食べたいとかそんな貪欲さなんて持っていなかった。当然、酒を飲む習慣もない。なので今回の実験?で若干だけど、子供の頃の気分を思い出した。世界がクリアだ。

前から思ってはいたが、やはり連日の大量飲酒は鬱と密接な関係がある、という気がした。やはり一時的にはアッパードラッグとして作用するけども長期的にはダウナードラッグなのかと。惰性で生きるにはマストアイテムだ。こうして酒をリセットしてみて改めて酒の飲み方がわかった。行ったり来たりが楽しい、振り子の振れ幅が大きいほど快楽、なのであって、思いきり素面の時もないと面白みが半減するってこと。行ったきりになってしまってる人、一度帰ってきましょう。

金のかからないトリップは今日で終了。昼は大好きな坦々麺、夜は燗酒と舐める系のつまみ、の予定。久しぶりのお酒が楽しみで仕方がない。

カテゴリー: 雑記   パーマリンク

断酒、断食 への2件のコメント

  1. すごい偶然。
    雁屋哲さんが「酒と鬱」って記事書いてますよ
    http://kariyatetsu.com/nikki/1143.php

  2. 東京百 より:

    ほんとだ! なんか似たようなこと書いてる〜(@_@) 僕も断酒一ヶ月とかやってみよっかな〜

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">